Wi-Fiについて

最近よく「Wi-Fi」という言葉を耳にします。
便利だとか飛んでいるとか。
何となくわかるけどはっきりとは答えられない人もいるのではないでしょうか。

そもそもWi-Fiとはネットワーク接続に対応した機器を無線でLANに接続する技術のことをいいます。
LANというのは会社や家庭のなどの限られた空間内でパソコンなどの機器同士をケーブルななどで接続してデータのやりとりを伝えるコンピュータ・ネットワークを指します。
そのLANを、ケーブルを使わずに無線にて接続できるシステムをWi-Fiiといいます。
これにより、いままでケーブルが届く所のみ場所も限定されていたものが解消され、範囲ないであればどこにでも持って行けるようになりました。

無線LANとはどう違うのでしょうか。
もともと無線LANが商品化された時は、同一メーカーであってもラインナップが異なると接続できるかは保証されていませんでした。
そのため購入する際にちゃんと接続できるかどうかは判断できませんでした。
それを解消するためにあらたなブランドを生み出した団体がありました。
ここに認定された機器にはWi-Fiロゴの使用が許可され、このロゴがついていればWi-Fiが利用できるということをユーザーにも確認できるようになり、結果無線RLNの普及につながっていきました。
この普及により、ネット環境は数段良くなり様々な場所で用途に応じてインターネットにつながる事ができるようになったのです。

ではWi-Fiがある事によってどうかわるのか説明していきたいと思います。



[外部サイト]
モバイルwifiの使い方などに関する記事が読めます → モバイルwifi